スマートフォンは2大OSがメイン

Andoroidとは

スマートフォンの種類を最も大きく分けると、OSで分類することができます。スマートフォンのOSは2種類存在しており、その1つがAndoroidという種類です。Andoroidというのは、検索エンジンで有名なグーグルが提供しているOSで、主な特徴は機種の量がとても多いということです。なぜ機種の量が多いのかというと、基本となるサービスを無償で提供しているからでしょう。

ようするに他のメーカーが参入しやすいことから、たくさんの機種が販売されているのです。そんなAndoroidにもいろいろなメリットとデメリットがあります。主なメリットとしては、機種の数が多いので、自分好みのスマートフォンを購入できるという点です。メーカーやデザイン、性能などの面で自分好みのスマートフォンを選ぶために、しっかりと吟味できるのはかなりのメリットでしょう。

また、カスタマイズ性も高くなっていますし、ガラケーで使用していた機能が使える種類もあるので、初めてスマートフォンを使う人にもおすすめです。現在ではアプリを使う人がとても増えています。アプリはOSによっては使えないケースもあるのですが、Andoroidであれば大半のアプリを使えるのです。その反面、セキュリティ面の不安や、サポートのばらつきなどがAndoroidのデメリットだと言えるでしょう。